Tシャツの基礎知識

京都プリントにて取り扱わさせていただいております無地Tシャツに関しまして、Tシャツの基礎知識をご紹介をいたします○

Tシャツやポロシャツでよく見る「オンス」について

生地の重さを表す単位か=「オンス(oz.)」

正確には1平方ヤードあたりの生地の重さを表す単位(oz/yd2)。この数値が大きくなるほど重くなり、生地が厚くなります。日本ではグラム(g/m2)が一般的ですが、Tシャツはアメリカから普及した製品なので、現在もヤード・ポンド法で表記されており、1g/m2≒0.0295oz/yd2となります。

3.5~4.9オンス
薄手から中厚手の一般的なTシャツ生地のイメージ。夏場は涼しく、寒い季節はアンダーウェアとして使用できる、通年活躍する汎用性の高い生地の厚さです。

5.0~7.9オンス
ヘヴィーウェイトと呼ばれる厚手生地で、型崩れが少なく耐久性があります。中でも6.5オンス以上は最高クラスの厚さで、スーパーヘヴィーウェイトと呼ばれます。

8.0~13.0オンス
スウェット(トレーナー)生地です。裏パイル(裏毛)や裏起毛があり、吸湿性、保温性に優れています。

糸の種類によっての違いについて

同じ糸でも3種類あります。

綿糸には3種類あり、使用する糸によって品質、価格が異なってきます。不純物を取り除き、糸を均一にするために、さらに短い糸を除去したコーマ糸が最も品質が良く、染色もきれいに仕上がります。

カード糸
カード工程(不純物を約5%取り除く工程)を行った綿花を使用した、一般的に使用される最も基本的な糸。シャリ感や涼感のあるラフな味わいが楽しめます。

セミコーマ糸
カード工程後に、コーマ通し(コーミング)で約10%の不良部分を取り除いた綿花を使用。カード糸よりも柔らかく、コーマ糸の光沢、耐久性もある仕上がりです。

コーマ糸
丹念なコーマ通しで約20%の不良部分を取り除き、良質な部分だけで仕上げた糸。光沢があり、毛羽立ちが少ない、肌触りの良い高品質な製品に仕上がります。

リングスパン糸とオープンエンド糸の違い

リングスパン糸は滑らかで強度のある糸オープンエンド糸は空気を含んでいるためガサ感がある糸

糸の元になる綿花の繊維は長さが数センチしかなく、そのままでは糸にすることが出来ません。この繊維の方向をそろえ引っ張りながら撚りをかけて連続した糸にします。この作業を紡績といい、出来上がった糸を紡績糸といいます。

クリックで拡大

リングスパン糸
一般的な糸はリング紡績機でつくられており「リングスパン糸」と呼びます。しめ縄をつくる原理で紡績され、糸の表面は滑らかで強度のある糸に仕上がります。弊社のほとんどの製品がこのリングスパン糸を使用しています。

オープンエンド糸
オープンエンド紡績機でつくられた糸を「オープンエンド糸」と呼び、綿菓子をつくる要領で空気の流れで撚りを加えて糸にする紡績方法です。糸に適度な空気を含んでいるため、ガサ感があるのが特徴です。アメリカ産のTシャツに多く使われています。

 

京都プリントでは様々なUnited Athleの無地ボディー商品を取り扱っております!
United Athleの無地ボディー商品へのオリジナルプリント・無地ボディー商品のみのご購入も承っております。
商品ページはこちら